薬の効果

バンちゃんの 「肛門周囲ろう」  ですが、発症に気づいて2ヶ月になります。 結果、驚くほど薬の効果があり、お尻の回りにあった二つの穴は完全に塞がりました。 Yeah!

この病気に一番効果があると言われている、「サイクロスポリン」 (日本ではシクロスポリンと呼ばれているかも) お高いだけあり、すごい効果。 それだけ、強い薬なので、どこかで副作用が出てくるのではないかと、ちょっと心配はありますが、今の所大丈夫です。

副作用として、有り得ることは、免疫抑制剤の薬なので、感染症にかかりやすい、下痢、嘔吐、 腫瘍が悪化する。。。などのようです。

もう一つ、この薬が使われるのが、「難治性のアトピー性皮膚炎」 この症状で使われることの方が一般的みたいです。  私は、その事実を知る前に、バンちゃんの皮膚が見る見る、きれいになっていったので、驚きました。 一石二鳥とは、まさにこのこと。  今まで、アレルギーでは、ありとあらゆくことを試していても、こんなにきれいに症状が治まったことはありませんでした。  今までのお医者さん、なんで、もっと早く、この薬を薦めてくれなかったのか、不思議。

IMG-2801IMG-2798

2,3歳のころから、アレルギーが酷くなり、お腹とか、胸のあたりに、ここまで毛が生えているのは、初めてかも知れません。 今では、バンちゃん、ピチピチお肌の花子よりも、モフモフ度、長毛度、高いです。 お掃除がますます大変になりましたが、嬉しいことです。

IMG-2799

今まで、出来るだけ薬に頼らず、食事療法などで、アレルギーと戦ってきましたが、「肛門周囲ろう」 は、再発率がとても高いので、先生によると、最初は一日2錠、二ヶ月たったら、一日1錠。 さらに二ヶ月後には、一日おきに1錠。。。 と、少しずつ、少しずつ減らしていきましょう。。。とのこと。 どこまで減らしていけるのかまだまだわかりませんが、様子を見ながらですね。

お尻の病気って、きっと人間でも犬でも、一番、嫌な場所ですよね。。。 本当にかわいそうな状態だったので、今の良い状態をずっと続けていけるように、食事内容とか、お尻チェックとか、気をつけながら、快適生活が送れるようにしてあげたいです。

広告

畑のお掃除

極寒がしばらく続きましたが、プラスの気温が戻ってきたので、地面に植わっていた大根とゴボウ、菊いもを、収穫しました。 大根10本、ごぼうも、10本くらい、、しかも、野球のバット並みの太さのものもあり、これは、かなり硬くて食べれるかな、、と思いきや、火を通したら、とても柔らかくておいしいゴボウでした。

IMG-2775

IMG-2772

ごぼう収穫中

最後の最後まで、元気だったお野菜は、かぶと、小松菜でしたよ~  マイナス10度とかの日もあったのに、寒さに強い野菜だったんですね。  春まで畑はお休みです。

 

IMG-2770

お掃除中

お掃除を張り切って手伝ってくれるお二人さん

IMG-2764

花が咲き終わったブロッコリーだけど、まだまだおいしいらしいです。  好きなだけお食べ

 

キャベツの残骸もきれいにしてくれました。

 

最後の最後まで無駄なくお野菜を頂けました。 しばらくは、大根、ゴボウ、大根、ゴボウの食卓になりそうです。

アニバーサリー

長いのか、短いのか、無事に結婚16年を迎えました。 ついでに、私の誕生日も近いので、この日は、年に一度、奮発ディナーです。 以前、一度行って、お味も、落ち着いた雰囲気もとても気に入ってしまったレストランに予約を入れました。

ちょっと話はそれますが、バンちゃんが加わる前の6年間って何してたんだろう。。。という話になり、2人とも、しばし考えてしまいました。。。 多分、2人とも仕事に追われる日々ではあったんだろうけど、二匹が来てからの思い出があまりに強烈なため、最初の6年間、ちょっと空白って感じです。 笑

レストランの話に戻り、7つのコースと、それぞれのお料理に合ったワインのペアリング、プラス、シャンペンのサービスなどで、すごい量でした。。 せっかくのメイン料理をほとんど食べれなかったけど、お持ち帰りして、存分に楽しみましたよ。

アルファさんからは、お花をもらいました。 このバラの色は、結婚式で使ったバラと同じ色。 ちゃんと覚えていてくれたようです。

 

コースは、シェフのおススメ料理ということで、テーブルに運ばれてくるまで、どんなお料理が出てくるかは、お楽しみなんです。 びっくりしたのは、その説明に、「Omakase」 スタイルって書いてあったこと。。。 「おまかせ」 っていつの間にか、 英語になってたんですかね~?

ではお料理の写真、よければどうぞ。

 

デビルズエッグとシャンペン、 シャーベットは、お店からのサービスで、素敵なカードまで用意してくれました。 ますます、お気に入りのお店になりました。。。 また来年も来れますように。

2匹にも、お持ち帰りのお肉、ちょっとだけおすそ分けしましたよ~  それで、一緒にお祝いしたことにしましょう。

結婚17年目と、健康な一年をめざして、ゆる~くがんばります。

冬到来

今朝は最低気温マイナス10度まで下がりました~ 本格的な冬がやってきたようです。

穏やかな秋が長かったせいか、大根などが、とてもおいしく出来ました。IMG-2711

春菊もおいしかった~

IMG-2708

 

さすがに氷点下10度になると、葉っぱに霜が降りてしまうので、もう限界のようです。  大根はまだ地面に植わっているのですが、地表が凍ってしまい、収穫できません(笑)

 

ちょっと暖かい日を待って、引っこ抜かなければ。。。

さて、この寒さの中でも、きれいなお花を咲かせている野菜が一つあります。 これは、何でしょう~?

IMG-2737.JPG

 

答えは、「ブロッコリー」 でした~  ブロッコリーも、夏から、おいしくたくさん出来てたのですが、ある日、 株の中から、細いミミズがニョロっと出てきて、、、(しかも、何度も水洗いしたあと) それ以来、私は、ちょっと食べれなくなってしまいました。 無農薬の怖ろしい所。  なので、もっぱら、ワンコが、ワイルドに畑のブロッコリーをむしゃむしゃとオヤツ代わりにしています。  一緒にミミズも食べてるんだろうな~ と遠目から見ながら、まあ、無駄にはなってないので、良かった~  今は、かわいいお花が咲いているので、家の中に飾ったりしてます。

今日は、特に寒くて、昼間もマイナス5度程度。 でも、2匹には、待ちに待った季節の到来。  庭に出たきり、戻ってきませんよ~ しかも、日陰で涼んでるし。。。 写真は、家の中から撮ってます。

IMG-2736.JPG

これから、長い冬が始まるんだろうな~  皆様も、暖かくしてお過ごし下さい。

 

 

階段はいいのか悪いのか

お陰さまで、バンちゃんは10歳になっても、足腰丈夫ですが、最近、ちょっと階段の昇り降りを躊躇することも出てきました。

我が家は、半地下に、ガレージとオフィスにしているスペースがあり、階段を半分登って玄関。 玄関からまた階段を半分登ってリビングスペースがあります。

一日に何度も、上と下を行ったり来たりするので、そのたびに、ひっつき虫たちも一緒に登ったり下りたり。

洗濯機も半地下にあるのすが、洗濯ものを持って下に行こうとする時だけ、「ママちゃん、洗濯機にぶち込んだら、すぐにまた上がってくるよな」 って学んだようで、上の階で私が上がってくるのを待ってたりするけど、基本、邪魔な2匹が私と一緒に登ったり下りたり繰り返しております。 ときどき、私が尻尾を踏んじゃって、滑って階段から落ちる。。。というアクシデントもあったりして。。。

IMG-2712

↑ 上の階で待ってる所   5分と離れてないのに、心配で心配でしょうがないって顔です。

本当に、「えっさ、ほいさっ」 って声が聞こえてきそうな上り方です。 (どちらの写真もバンちゃん)

IMG-2705

階段の昇り降りって、足腰に悪そうな気もするし、それなりに運動になってる気もするし、どちらなんでしょうね~  でも、もっと爺様になったら、この昇り降りはキツそうですよね。 最近では、階段の途中で動きが止まって、上にも下にも行けなくなっちゃったことがあったので、とりあえず、階段につける、滑り止めのテープみたいのを買ってみました。 まだ配達されてませんが、またご報告します。

ちなみに、花子選手は、3段飛びとかしちゃって、おサルのように行ったり来たりしているので、まだ10年くらいは、心配なさそうですよ~

 

 

 

 

 

 

ミルウォーキーナイト

10月も暖かい日が続いていたのですが、どうやら、この日、10月21日が最後の暖かい日だったようで、この後から、急に寒くなってきました。

この日は、アルファの大学時代のお友達が遠くから遊びに来てくれて、ミルウォーキーで集まり、お食事しました。

待ち合わせは7時でしたが、ちょっと早めにお出かけして、2人できれいな夕焼けの景色を楽しみました。  最近、カメラに凝っているアルファさん、カメラマンになりきって、パチパチやってました。

Triangle Jazz Night 302Triangle Jazz Night 288Triangle Jazz Night 287

なかなか絵になる景色ですよね~ 川沿いに何軒かバーとかレストランとかがあり、私のお気に入りです。

その中の一軒、エールハウスという、地ビールを造っているお店で一杯

Triangle Jazz Night 305.jpg

 

この後、待ち合わせの、「クレイジーウォーター」という、おしゃれなレストランへ。 アメリカンのようなフレンチのようなお食事。 おいしいワインとともに、最高でした。  お友達の一人は、心臓外科医、 もう一人は皮膚科のお医者さん。 今回、皮膚科のお医者さんには、バンちゃんのお尻の件でも、いろいろとアドバイスを頂き、お世話になっちゃいました。 その甲斐もあり、すぐに良くなったのかも知れないですね。 もう少し仲良くなれたら、私のシミとか、シワとか、、、治してもらえないかな、、、と密かに計画中

さすが、お医者様ともなると、二次会の場所も違いますのよ。 近くのジャズバーに行くことになりました。  日本では、ブルーノートとか、行ったことありましたが、すごく高かったことだけは覚えています。

こちら、ミルウォーキーのジャズバーは、カバーチャージ、たったの5ドル! で、聞き放題。 ジャズも、 しっとりと、楽しく、素晴らしい演奏でしたよ~  ちょっと癖になりそうです。

 

ミルウォーキー、おいしいレストランもあるし、本格的なジャズも聴けるし、なかなかあなどれないですよ~

サワークラウトの作りかた

前々記事で、サワークラウトのことを書いたら、コメントでも、メールでも、作りかた教えて~というお声があったので、改めて、簡単にご説明します。   って、ネットで見たら、すぐにわかるけど、よかったら、ご参考にしてくださいね。

大体、大きめキャベツ一個分(一キロくらい) を目安に、必要なのは、お塩小さじ4 だけ。  サワークラウトって酸っぱいから、お酢が入っていると思っている人が多いけど、あれは、お酢の酸っぱさではなくて、乳酸菌の酸っぱさなんですね~

まず、キャベツを細く切ります。 (千切りほど細かくなくても大丈夫)  新鮮で無農薬キャベツの方が、発酵がうまく行くようです。

キャベツを大きなボールに入れて、塩を混ぜて、5分から10分くらい、両手で力を入れながら、モミモミします。 キャベツから、お水がしたたるくらいになったら終了。

IMG-2696.JPG

そして、煮沸消毒された保存瓶にギューギューに詰めていきます。 一リットル用の瓶がちょうど良い大きさです。 ここは、全パワーを出して押してくださいね。 入らないかも。。って思っても、絶対押し込むつもりで、無理やり入れてみてください。  出来れば、ここは、だんなさんに手伝ってもらってもいいかも。

IMG-2697.JPG

 

すべて押し込むと、いい具合に、蓋の辺りに水があがってきます。 蓋ギリギリまでお水が入ると、発酵したときに、あふれ出てくるので、2センチくらい余裕を持たせてください。

IMG-2698.JPG

あとは、蓋をして、4日から7日ほど、放置します。 我が家のキャベツは、超新鮮なので、2日目くらいから、乳酸菌がブクブク出てきて、蓋をあけると、プシューって泡が吹き出てきます。 こうなると、乳酸菌が働いている証拠。

IMG-2700.JPG

 

色もだんだん茶色っぽくなってきますよ。  こちら、左は、3日目の瓶。 右は、作りたての瓶

IMG-2699.JPG

一週間くらい、室温でそのまま放置して、味見してみてください。 酸っぱく、いい具合に出来上がっていると思います。  まだ酸っぱくしたい場合は、さらに、数日放置。 出来上がったら、冷蔵庫に入れて、一年くらい保存可能だそうです。 我が家は、その前に、いつも食べ切ってしまうので、半年くらいが最長ですが、一旦、乳酸菌が出てきたら、どんな雑菌よりも、乳酸菌が強いので、保存が利くそうです。

体にも、超良いそうで、 同じ乳酸菌でも、ヨーグルトなどは、動物性。 こちらは、植物性。 胃腸だけでなく、高い抗がん作用もあるとかで、我が家は、毎日、ワンコにもあげています。

びっくりするほど簡単でしょう~?  是非、お試しください。